真言(マントラ)

真言とは、サンスクリット語のマントラ(mantraḥ)を漢訳した言葉です。真実の言葉聖なる句などの意味があります。

 

バラモン教やヒンドゥー教の聖典「ヴェーダ」(vedaḥ)にその起源をみることができます。

 

古代インドでは、祭司バラモンが神々に捧げる賛歌にマントラを用いてきました。仏教や密教(秘密仏教)にも取り入れられるようになって、やがてチベットやネパール、中国や日本などに伝えられるようになりました。

 

特に、平安時代の初期に弘法大師によって唐から直接「密教」が持ち帰られました。その中には経典や仏画、仏具や曼荼羅など、それに合わせて「マントラ」(梵字真言)などもたくさん請来されました。

天宮光啓

 

弘法大師は、「マントラ」こそがこの世の「真実」を知る秘密の鍵(神仏との唯一の交信手段)であり、衆生救済の最勝の「法」(ダルマ)であると確信し「真言宗」と名づけました。

 

※ 不空三蔵の『分別聖位経』(ふんべつしょういきょう)にヒントを得たとされています。

 

密教(秘密仏教)とは、端的に言えば深遠なる仏の教えのことです。密教の「密」という文字は、サンスクリット語で「グフヤ」(guhya)、‟秘密”のことです。真言をお唱えすることによって、とても深い神秘的な体験をすることがあります。そのことを我われが日常で使う言葉では表現し難く、またその体験の深さを強調するために「深秘なる秘密の教え」、つまり、密教と呼ぶようになりました。

 

なお、真言(マントラ)は、悉曇文字として高野山や四国霊場をはじめ、全国各地のお寺などで見かけます。そういう意味では、私たちの生活の身近にいつもいろいろなところに、「仏」(真理)は存在しているといえるのかもしれません。

 

いずれにしても、何事もあれこれと結果を考え過ぎて行動できなくなってしまう前に、「真言」(マントラ)は仏さまと通じ合う言葉、そう信じて一心にお唱えしてみる、このことが何よりも大切なのかもしれません。

 

特に、光明真言は最強の真言とされています。

 

 

光明真言 (怒り・憎しみ・苦しみ・悲しみ、三毒の煩悩を滅す!)

 

また、お不動様の真言は悪縁を断じたり、魔障を打ち砕いたり、怨敵を退散させたり、あるいは、夢や目標などのお願い事が叶ったりと…

 

 

深夜に突然の金縛り、不動明王真言を一心に……

 

ある日、ふと仏様からのあなたへ、何かしらのメッセージが聞こえ始めてくる時が…。

 

合掌

 

「真言は不思議なり、観誦(かんじゅ)すれば無明(むみょう)を除く。

 

一字に 千理を含み、即身に法如を証す」

 

-『般若心経秘鍵』-

 

「毘盧遮那は万界を包容し、秘印真言は衆経を呑納す」(秘密付法伝第二)

 

大日如来は全宇宙を進み込み、その印契と真言にはあらゆる経典を含んでいる。

 

 真言は不思議なり

 

古より、神仏が太陽の光、一陣の風、本堂にただようお線香のかおり、梵鐘の音(ね)、雨上がりの後の虹など、「光・風・香・音・色」など、その時々にいろいろな姿や形に変化(へんげ)して、私たちの目の前に必ず現われるとされています。

 

そうしたサイン(sine)やシンボル(symbol)、マーク(mark)やシグナル(signal)などを見逃さないようにするためにも、いつも心を清らかに(三毒から遠く身を離す)保っていたいものです。

 

「真言は不思議なり」真言にはとても神秘的な力が秘められています。

 

日々少しずつコツコツとお唱えすれば、やがて必ず誰もがその素晴らしい功徳を得ることができるようになります。

 

高野山大師教会光寿支部


 

神仏は「光・風・香・色・音」など、その時々にいろいろな姿や形に変化(へんげ)して、

 

高野山大師教会光寿支部

 

私たちの前に必ず現れています。

 

高野山大師教会光寿支部

 

※ 心がざわざわしたり、不安を感じたりしている方もぜひ光明真言を。

 

お唱えしなくても、その梵字を見たり、真言を聞いたりするだけでもその無量無辺の功徳を誰もが授かることができます。

 

高野山大師教会光寿支部

 

 

光明真言

 

オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラマニ ハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン

 

おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだらまに はんどま じんばら はらばりたや うん

 

 

祈りの力は、やがて、大光明(夢や希望を叶える大いなる力)になる!!

 

大光明(希望の光)によって、世界中にまた笑顔が戻りますように!!

 

生かせいのち

 

南無大師遍照金剛

 

合掌

 

真言(マントラ)記事一覧

トップへ戻る